予備校講師採用試験に2回落ちた九大チンカス院生の入試数学語り。

毒舌、下ネタ注意。※年々自信を失い、それに伴って毒もマイルドになってきています。

部活指導に``熱心''な先生。

 以下のツイートに関連した小話です:

https://twitter.com/yuyu414141/status/1534512282642055177

引用リツイートしようと思ったのですが「ツイッターで解った様な事は書かない」と決めているので、俺の空間であるブログに書きます。

 先ず「教科指導が1番大事」という部分については、俺は半分同意します。と言うのも、教科指導のみが1番大事なのは塾や予備校であって、学校は人間性の指導とかもしてくれると嬉しいと思うからです。次に、教科指導は二の次であっても質が十分高ければ何の問題も無いと思います。熱心な無能と熱心でない有能なら、(本当に何もしないとかでない限りは)基本的に後者が選ばれるべきだと思うからです。という事で現に俺なんかは、数学に対してそれなりに熱心だとは思うのですが、能力が足りていないという理由で、ちゃんと生活費を貰えていません。以上が前提です。「熱心な無能」というキーワードは次の段落で再登場します。

 さて、(運動部に話を限定して大変恐縮ですが、)先ず俺の意見として、身体の仕組みや動かし方をちゃんと理論として教える為には、かなりの知能が必要だと思っています。例えば俺は、身体の動かし方についてはそれなりに詳しくなってきた自信が有りますが、*1身体の仕組みについては殆ど理解出来ていません。*2その必要とされる知能の水準については何とも言えないのですが、例えば、高校の教科指導なら、片手間であっても十分な質のものを提供できる程度のものが必要なのではないかと思います。直前2文の対偶を取る事で「教科指導が(片手間であっても)十分にこなせない程度の知能の人間ならば、運動部指導も難しいんじゃないかな」となります。即ち、この「ゆゆさん」が批判されている先生方は、じつはそもそも部活指導も``熱心''なだけで質はちゃんとしたものを提供出来ていない「熱心な無能」の方々なのではないかと思うのです。

 さて、ここで1つ、人間不信の俺の観点から主観的論を展開すると、そういう「部活``熱心''な先生方」って、そもそも本当に「熱心」なんですかね?*3と言うのも、(ゆゆさんのツイートとは関係無い、一般論的な意味での)「部活``熱心''な先生像」って、凡そ「その競技を本当に愛していて、だからその競技をもっと多くの人に好きになってもらい、それを通じてその人に幸せになってほしい*4*5」みたいに本気で思っている人のそれから、かなりかけ離れている気がしてならないのです。これは本当に俺の想像でしかないのですが、そういう先生方って要は「自分が沢山``知識''を持っている(と思い込んでいる)分野で、自分より立場が弱い(i.e., 反抗されるリスクがほぼ無い)学生相手に上から目線で自分の思想を言い放ちたいだけ」なんじゃないかなあ、とか思ってしまうのです。仮にこういう人がいるのだとしたら、それはもう、その競技から見ても敵みたいな輩だと思うんですよね。いや、批判する相手が如何いう人間なのかを色々と想定しておく事ってとても大切だと思うので、「それでも部活だけは熱心な先生」とかですらない、完全なエゴイスト像も想像してみたのですが、矢張り俺の人間不信が過ぎるだけですかね?

 

 はい。ごめんなさい。遊んでないで博論の続きやります💩

*1:それでも尚、苦手な動きはそれなりに有って、例えば水泳の様な自分の身体で直接コントロール出来ない物体(ここでは水)が絡む運動や、ハンドスプリングの様な(俺の主観的)恐怖が伴う運動については、未だ未だ理論的克服に全く至っていません。

*2:勿論、スポーツ関連の書籍を読んで「筋肉の修復には一般論としてこれくらい時間が掛かる」とか「こういうトレーニングが筋力向上を目指す上で効率が良い」みたいな話はそれなりに知っているのですが、それを自分の身体作りに実践レヴェルで活かす事が殆ど出来ていません。怪我の率はかなり減りましたが、筋持久力や最大筋力に関して言えば、例えば「腕立ての回数が何ヶ月も伸びず、結局、根性だけで解決してしまった」みたいな状況が続いています。これもその内、纏まった時間と自分の身体を使って色々と調べたいと思ってはいるのですが…

*3:ここ迄の「熱心」に付けたクウォウテイションマークは、勿論、疑念の意を表してきたつもりです。

*4:ここでは裏である「その競技を通じて幸せになれそうにない人をその競技に縛り付けはしない」も含意させるべきでしょう。

*5:運動競技は数学や自然科学とは異なり真に人間的な営みなので「運動競技を愛している」の条件に他者との関わりに関するものを含む事は妥当だと思っています。