予備校講師採用試験に2回落ちた九大チンカス院生の入試数学語り。

毒舌、下ネタ注意。※年々自信を失い、それに伴って毒もマイルドになってきています。

女性と会話をする機会を作る努力をしたい。

 恥ずかしながら、俺はまじで(年齢が近い)女性と会話をする機会が殆ど無い人生を(少なくとも最近10年以上)歩んできてしまっている。なので、学位や進路関連の事が落ち着いたら、色々な女性と会話をする機会を作る努力をしたいと考えている。最近、判った事なのだけど、俺みたいな30手前の男性の場合、最早お金を払わないとその様な機会を得る事すら難しいらしい。従って、この様な行動を起こすに当たって、先ずは自分の生活費を自分で稼げる様になる事が、最低限、必要だと考えている。*1

 この様な機会を得られた際の取り敢えずの目標として、巷で言われる``女心''なるものが(俺に認知可能なものとして)存在するのか否かを知りたい。仮にそれが存在するのなら、特に「世の女性が何を面白い/価値が有ると感じるのか。それ等に対して、彼女等は如何リアクションを取っているのか」とか「俺が興味を持っている対象について、俺が抱く感想と女性のそれとの間にどんな差が在るのか」とかを詳しく聞いて知りたい。「好きなものについて自分の言葉で詳しく話をしてもらう」という事をしてくれるととても嬉しいのだけど、これは俺の大学院生根性から生じる歪んだ欲求である可能性が在るので、慎重になるべきだと思う。先ずは、何でも良いので女性自身の事について、その女性自身の言葉で話しているところを聞いてみたい。

 後は、俺は漠然と(主に俺自身の人間性、倫理観、持ち合わせている遺伝子の優劣の問題から)「自分は女性との交際や結婚に値する人間ではない」と思い込んでいるのだけど、これは色々な女性と会話をしてみない事には最終的な結論を出せない類いのものであると思うので、この点についても興味が有る。但し、この欲求はより高度なものであり、取り敢えずは色々な女性と会話をさせてもらう機会を作り、その機会を十分に活かす事に興味を集中させるべきだと考えている。

 兎に角、俺は本当に女性について実態の伴った知見を殆ど持ち合わせていないので、先ずは関わりを持たずしては何も始まらないと思う。何も判らん。

*1:いい歳したおっさんが親の金を使ってこの様な活動に手を出す事は人道に反すると思う。後は、一応「ナンパ」という手段も考えてはみたのだけど、俺みたいな男男した風貌の男性が突然声を掛ける事は、女性に恐怖感や嫌悪感を与えかねない気がするので、この手段についてはかなり慎重になるべきだと思う。